本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する Nippon Auto Camping Club

活動報告report


■2020年2月例会 がんばろう千葉キャンプ/白浜フラワーパーク

活動報告写真

 昨年台風15号で被害の大きかった南房総に! キャンプ場に! 少しでも「がんばろう!」を届けたいという事で、2020年最初のキャンプ場は、南房総「白浜フラワーパークAC」です。
とても人気があるキャンプ場で、当日のサイトは予約ですべて埋まっている状況でした。それもそのはず、流しにお湯が出たり、子供用の踏み台があったり、薪が無料だったり、随所にキャンパーへの気遣いが感じられます。また、ところどころ遊び心満載で、おしゃれで、サイトも広い。管理人さん、スタッフの方もとっても親切で相談もできるし、復興作業でお忙しいと思うのですが、各サイトにあいさつ回りもされていました。そしてなんといっても、房総最南端の雄大な太平洋の景色も最高で、この日は真っ赤に染まる夕陽を見ることができました。24時間使用できるシャワーもちゃんと、しっかり使用できるので、朝もシャワーを浴びすっごくすっきりいたしました。このような人気のキャンプ場 & 暖冬も手伝って、今回は19家族と多くの参加がありました。
写真を見ていただくとわかりますが、「がんばろう!千葉」について千葉県報道広報課よりNACC例会開催用にのぼり旗の配布がありました。
キャンプ場の方の気配り、ロケーション。天気が良かったこともありとっても大満足のキャンプでした。2020年の例会もたのしいキャンプになりそうです。今回参加できなかった方も、ご参加いただいた方も、すべてのNACC会員の方に感謝いたします。
新企画→NACCコレクション2020February


■2020年1月定期総会&ニューイヤーパーティ/赤羽会館

活動報告写真

あけましておめでとうございます。 輝かしい新年をおむかえのこととお喜び申し上げます。 昨年は平成から令和へと年号が変わり、歴史を刻む新たなスタートを切りました。 今年は東京オリンピックでまた新たな歴史を刻みます。 当クラブにおきましても、昭和50年代から始まったアウトドアブームの中でオートキャンプの普及に大きな役割を果たしてきたと思っております。 昨今、キャンプ用品の普及と趣味の多様化で、誰でも形にこだわらない個性的なキャンプスタイルで気軽にオートキャンプが楽しめる時代となり、当クラブのオートキャンプの普及という大きな目標は一つ越えたと思っております。 このような環境の中で新規会員獲得ならびに皆様の高齢化対策で新たな局面を迎えていると思っています。 しかしながら、ハード面で物は充足はしている物の、テント・タープの設営から張り綱、ペグの打ち方などのソフト面では危険と背中合わせのキャンパーも多々見受けられます。これからはこれまで培った経験と知識を生かし、趣味と実用面で一般キャンパーとコミュニケーションをとり、幅広い年齢層の方々が気軽に参加出来る安全でより快適な環境作りに取り組みたいと考えております。 それには、会員皆様のご協力が必要不可欠でございます。 本年も、より一層のご支援を賜りますよう、役員一同心よりお願い申し上げ 新年の挨拶とさせていただきます

■2019年12月例会/九十九里浜シーサイドオートキャンプ場

活動報告写真

今年最後の例会キャンプは千葉県匝瑳市の九十九里浜シーサイドオートキャンプ場で行われました。例年ですと12月は恒例餅つきキャンプなのですが今年は思考を変えて年の瀬に因んで年越し蕎麦ならぬ年忘れ蕎麦をイベントにしました。
キャンプ場のご厚意で材料の調達、調理器具や燃料のご協力をいただき期待通りの盛り上がりとなりました。
 トッピングに竹輪磯辺揚げ、薬味はこの土地名産の「海水ネギ」をタップリかけて本格的な"年忘れ蕎麦"の完成です。お好みでカレーをかければカレー蕎麦の出来上がり。用意した30食はあっと言う間に平らげてしまいました。冷え込む夜は焚き火を囲み他愛のない話を酒の肴にゆったりした時間を過ごしました。
 好評であれば来年も同じ企画で実施したいのですが皆様のご意見をお聞かせください。会員の皆様のおかげを持ちまして、今年一年無事楽しく例会を実行することが出来ました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

■2019年11月例会/みはらしの湯オートキャンプ場

活動報告写真

「よく、ここを探したね」と、道に迷いながらキャンプ場に到着する会員達。いつも利用するキャンプ場と様子の違いに皆さん驚いていました。
今回利用したのは、栃木県は馬頭温泉郷にほど近い「みはらしの湯オートキャンプ場」です。ススキやオミナエシなど秋の草花が茂る田舎風景に溶け込むキャンプ場のフリーサイトは、特別な整備はされていないものの清潔なトイレ、お湯の出る流し、余裕の大容量電源と参加の皆さんから高評価でした。オーナー自慢のこだわりのお風呂は貸し切りができてゆったりの広さ、温泉ではありませんがいいお風呂でした。“RVパーク”としても利用できる近頃人気のキャンプ場です。
日差したっぷりの抜けるような青空の下、イベントなしのタイトル「適当キャンプ」ということでそれぞれ文字通り適当に自由な時間を過ごしていただきました。
陽は傾き、秋の陽は釣瓶落とし、キャンピングカーの影はみるみる長くなり気温は徐々に下がりはじめ暖が恋しくなってきました。そんな時はぬくぬくのテントの中や焚き火を囲んで暖かい料理とお酒をいただくのが一番。楽しい会話は時間を忘れます。夜は更け焚き火の火は弱まりそろそろ就寝の時間です。
翌日4時過ぎ目を覚まし、夜空を見上げれば南西にオリオン座がキラキラ輝く雲一つない晴天の朝を迎えました。ミーティングはキャンプ場オーナーの挨拶をいただくなど和気藹々と行われました。
今回わかりにくい場所にあるキャンプ場にも関わらず参加くださった皆さんに感謝いたします



バナースペース

日本オートキャンピングクラブ

事務局:東京都北区